若い世代の薄毛人口が急増!それは、頭皮が不健康だから。

「髪の毛が細くて弱々しくなってきた…」「抜け毛が多くなってきた…」
そんなヘアトラブルで悩む女性が急増しています。

髪の悩みは、年配女性に多いと思われがちですが、最近は20代の若い世代の女性にも
見られる兆候です。髪が抜けて薄くなるのは、白髪が増えるという単なる老化現象の一種
だと思っていませんか?
実はそればかりではないんですね…

頭皮もお肌ですから、当然加齢にともなって代謝機能が低下するので肌老化が見られ
てもおかしくないことですが、代謝機能が活発な若い世代の女性に急増しているのはなぜ?と疑問に思ってしまいます。若い力でどんどん新しい細胞が作られて、健康的な美しい髪をキープできそうですよね。

その原因を探ってみると、意外な落とし穴があることがわかりました。
健康的な美しい髪を作るためには、栄養バランスの整った食事が必要不可欠な材料であることは誰でもわかりますよね。しかし、いくらバランスの良い食事を摂っていても、栄養を
阻害してしまうような悪い生活習慣や無理なダイエット、ストレスなどはもっての外です。

そして意外なことは、若い女性は美を意識するあまり、シャンプーのし過ぎやドライヤーの
かけ過ぎなどの過剰なケアや、必要以上のパーマやカラーリングが頭皮にダメージを与えて、抜け毛や薄毛を引き起こしているということです。気付かないうちに頭皮にダメージを与えていたなんて…ちょっと怖いですよね。

今の悩みを解消したければ、その原因となっている要素をしっかりと突きとめて改善しなければなりませんよね。

今使っているシャンプーやコンディショナーは適切ですか?
流行のヘアスタイルにこだわっていませんか?
睡眠不足や不規則な生活に傾いていませんか?
見た目の美にこだわり過ぎていませんか?

頭皮も顔の皮膚同様に、その人の健康状態や生活習慣を敏感に反映しているそうです。
頭皮にも顔のスキンケアと同じくらい気を使ってケアをしてあげれば、きっと健康な頭皮を取り戻せると思います。正しい頭皮ケアを行っていれば、皮膚細胞の代謝も活発になり、抜け毛・薄毛の改善ができるだけではなく、全身の血行が良くなって冷え性や目の疲れの改善にも効果的だと言われています。

頭皮と顔は一枚の皮膚でつながっているわけですから、頭皮ケアだけを疎かにはできませんよね。