女性ホルモンと髪の関係

あなたも髪のトラブルに悩んでいらっしゃる1人ですか?

女性の髪は女性ホルモンのバランスと深い関係があり、ホルモンバランスの崩れにかなり
左右されます。若い頃はふさふさとした健康的な髪だった人でも、だんだんボリュームがなくなって貧弱な髪になってしまった…と感じる更年期、或いは出産後の時期に抜け毛を感じる人が多いようです。それは、女性ホルモン・エストロゲンの影響が原因だと言われています。

更年期を迎えた人は、エストロゲンの分泌量が減ってしまうこと、そして産後の人は、妊娠中に過剰に分泌されたエストロゲンが正常値に戻るために、一気にエストロゲンの量が減ってしまうからです。

エストロゲンは、女性らしい体を作り、美肌を保ち、艶やかな髪に成長させる働きがあることはよく知られていますよね。

髪の質は20歳がピークで、太さは35歳がピークだと言われています。その後、質・太さ共に衰えはじめ、40代になると急激に髪の衰えを感じる人が増えます。成熟期を終えた女性の体内では、徐々にエストロゲンの分泌量が減り、いわゆる更年期を迎える頃にはピーク時の1/3以下の分泌量になってしまうのです。

エストロゲンの分泌が減少すると、髪の毛周期である成長期が短くなり、休止期が長くなってしまうので、髪そのものが貧弱になったり、新しい髪が生えてこなかったりするわけで、薄毛を引き起こしてしまうそうです。この減少したエストロゲンに身体が対応できなくなり、様々な症状が現れてしまうのも年相応の現象なのかも知れません。

出産を終えた人の場合は、妊娠前までは2種の女性ホルモンエストロゲンとプロゲスロンが、生理周期に合わせて2週間ごとに交互に優位な働きを繰り返します。しかし妊娠を境にエストロゲンの分泌量が増加し、出産を終えると正常分泌量に戻るため、急激なホルモンバランスの乱れに身体が対応できずに、抜け毛が目立つようになってしまうのです。これは、妊娠中に育った髪が一気に抜け落ちてしまうためであって、半年~1年も経てばホルモンのバランスが正常に戻るので、自然に症状が治まります。
もし、自然治癒しなければ、別の原因を疑う必要があると思います。

女性ホルモンは、髪だけではなく身体全ての健康に関わる大切な働きをしています。
両者に共通して言える対策としては、ホルモンのバランスを崩すようなストレスを溜めないことです。

バランスの良い食事、適度な運動を心がけるとともに、エストロゲンのような役割をしてくれるイソフラボン(大豆製品)を摂ることもおすすめです。